【お部屋探し】仲介手数料のカラクリ!これを知れば確実に初期費用を安くできる!!!元賃貸営業マンが教える!

お部屋探しする際に掛かる初期費用。

少しでも安くしたい!

このように思われる方は多いと思います。

店舗に行ってみると、実際に無料にしてもらうことができたり

仲介手数料を満額請求されたりということがあります。

この仲介手数料の裏側・カラクリを現賃貸営業マンが詳しく説明致します! 

[:contents]

 目次

🔻仲介手数料って何?

簡単に説明すると貸主(オーナーさん)と借主の間に入って仲介をする際の手数料として家賃一ヶ月分+消費税という形で貰っているもの。

🔻仲介手数料を無料にできる物件

f:id:TNFC:20190930150258j:plain

上記の画像をご覧ください。

基本的に皆さんは図面を見たときに下の欄のスペースはそんなに気にしないと思います。

ここに仲介業者様しか知らないことがありシーックレットなのです!

「広告の料金に相当する額、賃料の0.5ヶ月迄相談」

「広告料1ヶ月」

「AD100%」

「back100%」

このように記載がある図面の物件は仲介会社が、管理会社様からの家賃一ヶ月分を貰っていたり、オーナー様の取り分である礼金をそのまま仲介会社様にお渡しすることができるのです。

賃貸の不動産に伺った際は右下(下枠)に注目してみてください!

初期費用を少しでもお安くすることが可能になるかもしれまませんよ!

🔻仲介手数料を無料にできない物件

仲介手数料を無料にできない物件っていうのは、上記で説明した名目が図面に載っていない場合です。

仲介会社は、この仲介手数料がお客様から唯一頂けるものになりますのでこちらが無くなるとただのボランティアになってしまいますよね。

どうしても初期費用を抑えたいのであれば交渉をしてみると良いかもです。

🔻もしかしたら「気に入った物件」仲介手数料無料にできるかも?

 もしかしたら、仲介手数料無料にできるかも、、、

一社目に伺った不動産屋での見積りを貰って違う不動産会社に行ってみてください!

初期費用が変わるかもしれませんよ。

前の記事で違う名目で仲介手数料の他に「消毒代」や[害虫駆除代」など別の名目で仲介手数料分を取り仲介手数料の項目は無料という見せかけのことをやっている会社もあるので注意しよう。

気に入った物件!初期費用を少しでも安くしたい!

そんな皆様の役に少しでも立てれればと思います。

また更新します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です